読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機械たちが行かないでって言ってるんじゃないですか

やる事無さすぎて映画を観まくったりラジオにメール送りまくったりしていた2013年あたり、町田のベローチェコーヒーでよく一緒に190円のコーヒーを飲んでた。

本多劇場でそいつがボロアパートの一室の窓を開け、「僕の景色…僕の街…」みたいなことを言って始まった。二時間四十分後、また友達が同じ窓を開け、「僕の景色…僕の街…僕の……」、暗転、明るくなったら真ん中で頭を下げていた。へむへむ言いながら泣いていた。忍たま乱太郎に出てくるあの白い犬だ。
良くも悪くも世界が閉じてるタイプの田舎で育ったので、東京に出てくるのなんて僕とそいつだけでした。
平日なのにほぼ満席の本多劇場の真ん中で頭を下げてるそいつを見て一気に色んな場面がフラッシュバックして、へむへむ言いながら泣いていた。忍たま乱太郎に出てくるあの白い犬です。天才てれびくんは木曜日だけ生放送だったから木曜日が嫌いでした。全然関係ないけど。
『カルテット』の最終回の日、いつものようにアルバイトをしていた。「バイトやめてえな〜いらっしゃいませ〜」て言いながら働き、帰り道、泥酔したババアが近付いてきて何か言ってる。イヤホンで音楽聴いてたから外して「え、なんですか?」と聞いたら、「顔かわいいからこれあげる!!!!」と叙々苑の袋に入った傘を渡された。傘持ってるから全く要らなかったけど、「あ、ありがとうございます」と言って受け取ったらババアが「ばいばい!!!」と満面の笑みで手を振ってきたから凄い大声で「ばいばい!!!!!!」と言い返した。家に帰ってカルテットの最終回を観て泣いた。お客さんが帰っていく中演奏し続ける四人が最高すぎました。

 

先輩映写技師お姉さんが泣いていた。
「映写技師が止める時は普段起きない機械トラブルが起きちゃうんだよ…」と言っていた。
現に映写機から映像が出ないというトラブルが起きていた。映像が出ない映写機はもうただの熱い箱でしかないから馬鹿です。今までやめていった人達の時も最後にはそういう謎トラブルが起きていたらしい。霊感とか皆無だけど映写室が神聖な場所だというのは初めて入った時から肌でわかった。先輩映写技師お姉さんだけが泣いててそれ以外全員が笑ってたらしい。その話を聞いて、あ〜〜〜〜と思った。
先輩映写技師お姉さんがやめたあと、年下の女の子もやめた。最後に会う日コンビニで買ってきたパウンドケーキをくれた。付箋が貼ってあって、「人生ムリしてたのしんでください。」と書いてあった。そんなに話したことなかったけど色々見抜かれたいたんだな、と思った。完全に根っこ刺してきてる凄い言葉だった。人生ムリしてたのしんで下さい。刺青にして顔面に彫った方がいい。

明日はキングコングを観ます。みんな、俺明日、キングコング観るんだ。

疾風の乱痴気、腹黒の生意気、人間の生活、先輩映写技師お姉さん

腹黒の生意気を観た。

感想を書く。ネタバレしまくりますのでまだ観てない人は今すぐiPhoneを井戸の底に投げましょう。

 

『Haraguro no Namaiki』
『ブルーフォーブラッフォーガングリフォン』と系統的には似ている、感覚のみで最初から最後まで一本線通すタイプのネタでとても好き。変なネタ。
会話が締まらない、というか締めない。

H「でも腹黒ってそういうのじゃないから」
S「そうなんすか?」
H「そうなんすか?じゃねえよ」
S「はっはっはっはっ 腹黒い、で、タヌキ、思い出しちゃいました」
H「なーに言ってんだよ」

主に設楽さんが会話を収束させない、ズラしてズラしてどんどんスライドさせていく。演技力。
設楽さんの怖い部分は、よく言われるドS的な、首刈りビンタやカラーバットフルスイングみたいな部分じゃなく、こっちの混沌としたトリップ感満載の感覚的な部分だと僕は思っています。

 

『cuckoo costume party』
このライブの中で一番好きなネタでした。
バナナマンらしい、二人の会話メインで背景にある物語を進めていくやつ。
二人が席立ってメシ食わずに話しまくってるの見ると、「こいつらメシ食えよ!大人二人で何やってんだよ!」のおもしろも乗っかってくる。『Happy Birthday』とか『old man』みたいに役と本人のバランスがとても絶妙で、途中日村さんが普通に「ちょっと待ってよ設楽さん」て普段の呼び方しちゃってて、結構素に近いテンションでやってるのかな〜なんて思ったり。映像の分野でも会話を極めていくとだんだん効果的な即興演出が用いられるのと同じかもしれないな、と思ったり、あとやっぱりあのオチは爆笑。緻密さと乱雑さの共存、バランス。

 

karaoke
顔芸でもありカメラアングル芸でもあり繊細な間合いの芸でもあり、超笑った。イントロ流れてきて設楽さんがマイク取って歌い出すまでのあの感じとか、演技力の極みというか、こんなのこの二人にしかできんな〜と素人ながらに思った。あと日村さんの完全に無の顔がもう完全に無で、無すぎて笑う。サビ前に「ドゥクドゥンドゥンドゥン」とか言うなよあいつ!そういうのやめろ!歌ってる時点で変なのにドゥクドゥンドゥンドゥンってなんだよ!

 

『panic Attack』
設楽さんの悪口の鋭利さが凄すぎる、引く半歩手前ぐらい鋭い、それを受け止める日村さんの「そうそうそう!それでいいのよ!」の流し方、対立構造、精神的にどっちが優位に立てるかのマウントの取り合い。設楽さんの髪型がおもしろすぎる、似合ってなさが絶妙、でもいるな〜こういう髪型の人、と思って、その髪型のチョイスからして、着眼点がやっぱり凄いな〜と思った。

 

『赤えんぴつ』
二曲やったのって何年振りだろう。わ〜〜〜二曲やるんだ〜わ〜〜〜と思った。「お前クスリやってんだろ!!!!」「お前だよ」はもう無形文化財ですね。曲もやっぱり良い。ギターで耳コピして家で一人で弾きます。

 

『The pitiful two in the philippines』
バナナマンの単独といえば、物語性が一番強いラストのコント。総括的な感想になるけど、最初のネタから最後のネタまでが、綺麗なグラデーションになってる。毎回そうだけど、今回はそのグラデーションがより綺麗というか、振り幅が凄い。今回も色んなパターンの「おもしろい」がある。観てる方が色んな感情を使うので飽きない、そして「わ〜〜〜、良かったな〜」と、とにかく幸せな気持ちになります。良かった。腹黒の生意気。バナナマンは凄い。この忙しさの中こんな凄いものを創っているわけだから、設楽さんと日村さんとオークラさんに丸々一年ぐらい単独のための休みを与えたら一体どうなるんだろう。
以上。

  f:id:firedancesippai1993:20170215175512j:image

 

 

 

 

話変わって。個人的な話。
先輩映写技師お姉さんが映写をやめることになった。
理由は詳しく書けないけど、ハッピーな退社ではなく、むしろ反対で、本人は「敗走だね、仕方ない仕方ない」と言っていて、仕方ないという言葉に俺達は何敗してきたんだろうと思った。「仕方ない」のパワーによって無理矢理捨てられた感情達を、無理矢理捨てられた事にも気付けないぐらい大人になってしまっていた。
ホン・サンスという韓国の映画監督がいて、先輩映写技師お姉さんも僕もその監督の映画がとても好きだった。ホン・サンスの映画はこうでこうで、ここがこうなってて、みたいな話をすると、「流石脚本家だね〜、観方が正解だよねそれ〜」とか言ってくれたり、まあとにかくホン・サンスの話をしまくった。TIFFホン・サンスの新作を観て、「最高最高最高最高最高最高最高最高最高😭😭😭😭」と二人で言いまくった。
映写技師という存在は技術が進歩するごとにいらないものとなっていくのは確かです。最後の生き残り僕らは映画の神様から愛されていた。相思相愛。
ホン・サンスの映画みたいに、先輩映写技師お姉さんがやめなかった未来が自分の横を歩いてる気がします。というか歩いてます。
やめざるを得ないという報告を受けた時、「映写室には私の先輩達の代から個性が強い人がたくさんいて、◯◯くん(俺の名前)もそうだけど、自分できちんと頭働かせて作った独自の考えみたいなのを持ってる人がいて、そういうのがぶつかる(混ざり合う)のが人間の生活だと思うから、二十代の時にそういうの我慢してきたからさ、もうしたくないかな……」て言われて、こりゃ泣くばいと思った。泣いたら変なんなると思って超耐えたけど、人生の先輩から言われる『人間の生活』という言葉がとても重くて、持てない、と思った。重くて持てなくてずっとそこに置いてあるから忘れない。動かない。

 

「次どこで働くとか決めてんすか?」
「まぁ…私文章書ければそれでいいし、コールセンターでもなんでも…」

 

死ぬまで映写室にいてほしいです。
馬鹿力のヘビーリスナーで、読まれた時にはすぐさま「今読まれてたね!」と光の速さでLINEを送ってきてくれたりした。最後に会う日、俺が持ってる馬鹿力カード全部あげよ。

リノリウム色心臓

僕が一方的に想いを寄せている人がポニーテールになっていた。

今まで「ショートカット以外無価値ばいあぎゃんと、なーんが馬の尻尾かいて、茶色くてこぎゃんくるくるしとっとも全然意味がわからん」て熊本弁200%で映写室の横でゴールデンバットを肺壊しの勢いで吸いながら言っていたけど、その人のポニーテールは二兆点だったので、最近ガスを止められた年下の友達に「あの人のポニーテール見た?あれ二兆点ポニーテールじゃない?」と聞いたら、「確かにかわいいね。乗りたい?」と聞き返された。

馬としてだ。

馬として乗りたいかだ。

ポニーテールだから。

考えたことなかった。好きな人が人ではなく馬だった場合、果たしてこれ乗りたいのですか?なんか全然意味わかんないけど乗りたいな、と思った。乗馬の経験ないけど、俺は小学生の時毎休み時間図書室で三国志を読んでいたので多分大丈夫、関羽とか趙雲の雰囲気は掴めている。「乗りたいね。一点賭けしてくれよな」と言った。そうなると競馬じゃんて自分で言っといて思った。

「一方的に想いを寄せている人が人ではなく馬だったら」という次元にまでたどり着きました。どうだ。ついてこれるか。狂気の先にある無風の大草原。ここは空気が綺麗です。モンゴル。出口塞がれた感情達が行き着く先はモンゴル。草原を馬が走ってる。その馬にも乗ろうかね。はい怖い怖い。終わり終わり。

 

 

夏目漱石のこころを読み終わって激烈に感動した。遅すぎる。でも凄い話したい。あれ、やっぱ先生死んだんすかねー、死んでないと思いたいな。主人公のこれからと奥さんのこれからを思うと、絶対に先生生きといてくれよな!と思って大号泣。

 

油断するとすぐ映画を観てしまうので、今年の目標は映画を観ずに別の作業に時間を回す。たくさん観たところで意味ない。とか言いながら今月もしっかり20本ぐらい観てて、「おい!!!!!!💢💢💢💢💢💢💢💢意味ないて!!!!!💢💢💢💢💢馬鹿かよ!!!!!!!💢💢💢💢💢💢」と空気をぶん殴りまくった。本当に気をつける。本をたくさん読む年にする。残された時間は限りなく短い。

 

 

annkwを聴きながら渋谷駅の明日の神話を見ていた。こんな絵だったっけ、と思った。

f:id:firedancesippai1993:20170131145757j:image

f:id:firedancesippai1993:20170131145853j:image

f:id:firedancesippai1993:20170131145948j:image

f:id:firedancesippai1993:20170131150032p:image

広告を非表示にする

昼休みに校庭でバスケをしていた。

高村くんは身長が2メートル3センチあるので、104対2でこっちのチームが圧勝していた。こうなるともうチーム決めのじゃんけんで高村くんを取った方が絶対に勝つので、昼休みの間ずっとじゃんけんやっとけばいい。

高村くんが106点目をダンクした時にちょうどとんちゃんが校庭に入ってきた。

「タイヤ汚れるよ」と大福が言った。

とんちゃんは大福を無視してヨダレをだらだら垂らしながら「校長が呼んどるばい」と言った。

「え、なんで?」

「校長が呼んでた」

「それ聞いた。理由理由」

「ソックタッチ盗んだでしょ、山田、へへ、へへ」

「は?盗んでないよ。」

本当は盗んでいた。昨日の夜。

「ソックタッチ窃盗団なん?お前ら」

と言ってとんちゃんは帰っていった。

玄関でくつを脱いで上ぐつに履き替えていたら、廊下に泥で出来たタイヤの跡が見えた。

大福が「うわやっぱ汚れとるじゃん、めんどくさっ」と言って、「すぐ行くからお前ら先行っといて」と大福はひまわり学級の方に走って行った。

校長室に行く間、あんぱん坊やと高村くんとどうしようかと相談した。

「ていうか何でバレたん?ありえんくない?山田お前チクったど?あんま乗り気じゃなかったし」とあんぱん坊やが言った。こう見えて結構乗り気だったので「チクってない。」と言った。素直に謝るか、しらを切り通すかであんぱん坊やと高村くんが言い合いになっていた。

夜の十時に校門の前に集まった時、大福は上下迷彩の服で、あんぱん坊やと高村くんと俺はTシャツにサンダルだった。

あんぱん坊やが「は?なんで迷彩?」と聞いたら大福は「うるしゃー、殺すぞ」と言った。恥ずかしそうだった。

高村くんが脚立係で、家から六メートルの脚立を持ってきていた。高村くんも高いし、高村くんが持ってる脚立も高いし、なんかもうわけがわからなかった。

脚立を使って三年八組のベランダに侵入して、カギを開けるために俺がガスバーナーで窓ガラスを溶かしていたら、あんぱん坊やが「いやもう遅っ」と言って、持ってたカナヅチで普通に窓ガラスを割って手を突っ込みカギを開けた。

放課後にみんなで帰っている時、あんぱん坊やが「理系のクラスにおる広瀬すず朝青龍混ぜたみたいな顔の女の子の名前知らん?」と聞いてきた。

広瀬すず朝青龍て混ざると?」

「いや知らんけど、そういう感じの顔」

「それヤマノベさんじゃにゃー?」と大福が言った。

俺達は文系だったので、反対棟に教室がある理系の人達とはほとんど接点が無かった。それでもあんぱん坊やはヤマノベさんに告白をした。ヤマノベさんは「告白ってあんぱん食べながらするもんじゃないと思う」と言ってあんぱん坊やを振った。

駄菓子屋をやっている大福の家に集まってその話を聞いた時、大福と高村くんと俺は「こいつあんぱん食いながら告白しとるじゃん」と思った。思ったけど三人とも言わなかった。そこから話がうにょうにょと進んでいき、気付いた時には大福が「じゃあヤマノベさんのソックタッチ盗もうか!」と言っていた。あんぱん坊やは泣いていて、高村くんは寝ていた。

三年八組の教室に入ったはいいものの、ヤマノベさんのロッカーがどれかわからず、しかもロッカー全部にカギがかかっていたので大福が一回家に帰ってハリガネを持ってきた。

大福が家にハリガネを取りに行っている間、あんぱん坊やと高村くんと「地球で一番強い動物は何か」の話をした。高村くんが「麒麟」の一点張りで、あんぱん坊やが「いや麒麟なんか足元ガラ空きばい!カバとかライオンが噛みついたら一撃だけんあんなやつ」と言っても高村くんは「いや、麒麟、高いから」とそれしか言わなかった。

ロッカー全部のカギをハリガネで開ける作業は朝までかかった。しかも一回開けてヤマノベさんのロッカーじゃなかった場合もう一回カギをかけなくちゃいけないので、ヤマノベさんのソックタッチを手に入れた時にはもう朝の六時を過ぎていた。それが夏休みの初日だった。

大福の家に帰って夜まで寝て、起きて、四人でカップラーメンを食べていた。あんぱん坊やが「俺ソックタッチ食うわ」と言って、ソックタッチの先端を果物ナイフで切って、カップラーメンの中に入れてスープと混ぜた。麺を啜ったあんぱん坊やは、「直接食えばよかった」と言った。「残りやるよ」とソックタッチを渡されたので、俺と大福と高村くんも果物ナイフでソックタッチを切ってスープに混ぜた。クソまずかった。俺と大福と高村くんは吐いた。あんぱん坊やはずっと静かに泣いていた。

校長室のカレンダーがまだ八月になっている。ああいうのすげえ気になるな、昨日の時点でもうめくっとけよ、と思っていたら大福が入ってきた。校長から「なんでお前だけ遅れたんや」と聞かれた大福は「とんちゃんの車椅子のタイヤ拭いてました。」と言った。それじゃ説明不足だよと思った。

とんちゃんは二十五歳で死んで、大福は実家の駄菓子屋を継いで、高村くんは下水道の修理をしていて、あんぱん坊やは検察官になった。俺は東京でアルバイトをしながら一人暮らしをしている。

 

 

ロックのiPhone前髪チェック

映画の撮影が8割ぐらい終わった。またここから大変だ。四月ぐらいまでかかるのだろう。金無しフリーターが短編撮るだけで三十万円ぐらい使ってしまった。これでもだいぶ安い方だろうし、クレジットカード💳ありがとう。楽しいと思えている。

銭湯に行って熱熱の風呂に浸かりながら「2017年もモテないよ」の話をした。彼はバレンタインデー近辺にチョコレートを売る短期アルバイトの面接を受けて合格した。研修に行ったら六十人ぐらい女がいて彼一人だけが男だった。風呂上がりにコーヒー牛乳飲みながら「もう全員の連絡先聞こうと思って」と言っていた。ラーメンを食べて家でスターウォーズエピソード7観てたら眠くなったので一時間でやめて寝た。

喫茶店で隣に座ってる革ジャン着た女の人がセブンスター吸ってて「赤灯えれじいのチーコだ」と思った。家に帰って赤灯えれじいの9巻を読んだ。なんで9巻を選んだのかはよくわからないけど9巻を読んだ。サトシがチーコにプロポーズしたけど断られて、二人の同棲生活が若干気まずくなるところだった。サトシが勃たなくなって、チーコも「私のせいやろな…」と思いつつ、サトシもこれ以上気を遣わせたらダメだと頑張るんだけど勃たず、みたいになって、チーコが「私ももうちょいやらしい感じに頑張ってみるわ…」と言うところだった。「私ももうちょいやらしい感じに頑張ってみるわ…」が刺さりすぎてもう読めないなこの漫画、と思ってすぐ本棚に戻した。

呂布カルマさんの音楽が好きでよく聴いている。ドベタだけど、励まされている。音楽で励まされるという体験が初めてだし、人を励ますような音楽でもないんだけど、圧倒的なパワーに触れるだけで勇気は意外と湧いてくる。イヤホンのマックス音量で一回『The Cool Core』を聴いてからじゃないと家を出られない。バトルでも呂布さんが相手をボコボコにしてるのを観ると、俺はその残酷すぎるボコボコ具合にとても心が穏やかになる。
いつの間にか残酷さにはコンプレッサーがかけられてまろやかな口当たりにされた状態でお届けされる事が多いから、たまに触れる真実みたいなやつの眩しさがより際立ってる2017。チーコの「もうちょいやらしい感じに頑張ってみるわ…」もそう。光が鮮烈すぎて直視できない。


ヘミングウェイの短編集がおもしろくて仕事中に読んでいたら仕事を軽くミスり反省。神経の細さを太くするのは不可能だなと思った。細いやつはずっと細いし太いやつはずっと太い。なんかそれを変えられるものとしてプレゼンするやつは元来太い人。それも残酷さのコンプ。
世界で一番好きなお笑いコンビが単独ライブのネタで「運悪いやつはずっと悪い、運良いやつはずっと良い」と言っていた。悪い事があった次には良い事ある、みたいな考え方が普遍的ではあるけど、俺はそんなのよりも、「運悪いやつはずっと悪い、運良いやつはずっと良い」て言われる方が本当っぽくてこの人達のこと好きだと思った。

恵比寿ガーデンプレイスでホセルイスゲリンの特集観に行った帰り、東京タワーが見えて、そういえば去年ここから東京タワーまで歩いて行ったな、と思った。東京タワーまで歩いて行って、東京タワー近くの銭湯行って、コンビニで買ったアイス食いながら東京タワーを見ていた。その日は楽しくて俺はずっと大塚愛の『ハッピーデイ』を歌っていた。歌詞を知らないしちゃんと聴いたこともなかったので、サビの「ハッピーデイ♪ハッピーデイ♪」を三百回ぐらい繰り返して歌った。友達は真顔だった。

山下澄人さんが芥川賞を取った。
カルテットもALIFEもおもしろい。
フィリップガレルも始まる。
コンビニバイトしてたら客と喧嘩になって「お前表出ろ」と言ってクビになった友達はアメスピの黄色いやつを吸っていた、俺は今ゴールデンバットを吸っている。「太宰気取りっぽくて嫌じゃない?」と言ってほしい。もういないから無理だけど。
気圧が低いと一日中眠い。
『鳥の会議』で神永が主人公に誕生日プレゼントでえんぴつをあげるシーンを読んで泣いてもた。泣いてもたやんけ。
一日中眠いの嫌なので晴れて下さい。

僕が一方的に想いを寄せている人から「どこが好きなの?」と聞かれて「いや…なんか…その…いっぱいあるんですけど……芯がある人で素敵だなというか、わかんないですけど、思ったこと全部言うのとか、思ったこと全部言ってるわけないんでしょうけどそういう風に僕には見えてて、でも闇というかそういうのも見えてなんかただの明るい人でもないんだろうな、という…そういうのが素敵だなと思いまして……」と圧迫面接受けてるぐらい真剣に回答をしていたら、たまたまやってた遊戯王の展示みたいのを指差して「あ!ブルーアイズホワイトドラゴンだ!」と大きい声で言われて、「そういうところです……」と返事をしたら「?」と首を傾がれた。2016年の初めでした。
後日談でその人はその時結構僕にムカついていたらしく、確かに「思ったこと全部言う闇があるやつ」って最早ディスでしかない。好意と悪意が紙一重の位置にあるのは、単純に僕が心の汚いゴミ人間だからでしかないのですが、だからこそ本当に心の底からその人のことが好きだったと言えます。「同情」とか「性欲」とか「トラウマ」とかが複合的に混ざり合ってわけがわからなくなったものを恋と呼ぶのかもしれませんねと思いました。「お前如きが恋を語るならグータンヌーボ全話を二兆回観てから言え」とお思いでしょうねごめんなさい。ダサすぎるブログを書いてないで寝ます。
花園神社で初詣をして「頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む!!!!!」と念じてきました。神様から「主語は?」と聞かれましたが自分でも一体何を頼んでいるのかわからなかったのでシカトをしました。なんだかとても疲れたなあというぼんやりした感覚だけが宙ぶらりんになっていて年末年始なのにほとんど天井を見ていました。区切りがついたことでちょっと楽になったのかもしれません。
今年も脚本を書きます。映画も撮ります。楽しくなるといいな。東京に来て五年が経ちました。

2016年が終わりますけど

2016年が終わりますけど、今年公開のとても良かった映画達↓

🇰🇷あなた自身とあなたのこと
f:id:firedancesippai1993:20161223151737j:image

🇯🇵知らない、ふたり
f:id:firedancesippai1993:20161223151918j:image

🇯🇵オーバー・フェンス
f:id:firedancesippai1993:20161223152143j:image

🇯🇵団地
f:id:firedancesippai1993:20161223152318j:image

🇯🇵ちはやふる(上の句&下の句)
f:id:firedancesippai1993:20161223152452j:image

🇹🇭光りの墓
f:id:firedancesippai1993:20161223152557p:image

f:id:firedancesippai1993:20161223152738j:image

🇮🇪シング・ストリート
f:id:firedancesippai1993:20161223154118j:image

🇨🇳山河ノスタルジア
f:id:firedancesippai1993:20161223152716j:image

🇮🇸🇩🇰好きにならずにいられない
f:id:firedancesippai1993:20161223152820j:image

f:id:firedancesippai1993:20161223154133j:image

🇺🇸ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります
f:id:firedancesippai1993:20161223152847j:image

🇺🇸🇳🇿はじまりはヒップホップ
f:id:firedancesippai1993:20161223154227j:image

🇺🇸地獄に堕ちた野郎ども
f:id:firedancesippai1993:20161223154235j:image

🇺🇸エブリバディ・ウォンツ・サム‼︎
f:id:firedancesippai1993:20161223154243j:image

f:id:firedancesippai1993:20161223154252j:image

🇺🇸ブルーに生まれついて
f:id:firedancesippai1993:20161223154308j:image

🇨🇦🇩🇪🇳🇴誰のせいでもない
f:id:firedancesippai1993:20161223154322j:image



振られたり金髪にしたりタバコ吸いだしたりスカジャン着だしたり映画撮ろうと思い立ったり、変な一年。36点。
バナナマンのお二人に実力で直接会いに行こうとやんわり決心したのも今年かもしれない。作家になりたくてメール送ってた人間ではなく行き場のなくなった承認欲求の捌け口依存先として、もしくは病的な愛情表現として投稿してたので、ちゃんと自分の分野でどうにかしないとな、そろそろ来年ぐらいには、どうにか、と思っています。ちゃんと楽しむことも忘れずに。兄が出たなら次は本人が出ないとオチがつかない。
来年は良い年になりそうな予感がするし、年男だし、良い年にします。
変な天気。暑い。
仲良くなった皆さん来年も遊びましょう。よろしくお願いします。クリスマスも年末年始もずっとバイトで憂鬱だ、映写室で年を越します。
かかってこい2017、頸動脈ぶちぎってやるぜ高枝切り鋏でな。