読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月15日

弱視の人に右腕を貸しながら新宿の道案内していたら、「シチューのにおいがしますね。」て言われてクソドキッとした。シチューのにおい全くしなかったから、「あ〜〜〜〜〜、そうですか〜。」としか言えなかった。右腕貸しながら、弱視の人がこの人混みの中一人で歩くの絶対無理じゃんと思った。

結構ぎゅうぎゅうの夕方の山手線で、隣に立っていたおじさんがiPad全画面表示でYouTubeを開いていた。見ていた動画は外国のいろんな土砂崩れを集めた映像。25分ぐらいあって、色んなパターンの土砂崩れが永遠繰り返される。え、楽しい?

高校生の時、ドラムとアンプがぎゅうぎゅうに置いてある三畳ぐらいの、音楽室の奥にある部屋に休み時間のたびに行っていた。250ワットのコンボタイプのベースアンプの上に座ってただ虚空を見つめて10分やり過ごすという尖りすぎた生活をひたすら毎日続けていたある日、一緒に虚空を見つめてくれる虚空友達、コクトモができた。4万円ぐらいの中途半端なダサいメーカーのテレキャスターでペラペラのピックでオクターブ奏法ばっかりやってるクソダサいやつだった。
3.11の時は熊本にいて、今は東京におる。
コクトモと一緒に高校を卒業して東京に出てきて四年が経ち、コクトモは橋本奈々未さんの事が好きすぎておかしくなってきている。

「高速道路のパーキングエリアでトイレから出てきてバスに戻ろうとしたら、後ろから女子が三人、ななみん・女子A・女子Bの三人ね。その三人が出てきて、そのうちの一人、女子Aが俺のこと好きで、小走りで近寄ってくるわけ。で、ななみんはその様子を遠くから見てるの。で、女子Aと話しながらバスに戻って、ななみんは女子Bとバスの一番後ろの席に座って、バスが走り出してしばらくしたらななみんから『さっきのあれ、何?』てLINEくるわけ。これ、どう?」

とか電話してくる。40分ぐらいこういう話を聞かされるけど、知らん。マジで知らん。
今までの人生で一度も女性に触った事ないこいつを俺は愛している。

美化するつもりは1ミリもない、ただ、弱視の人は今もどっか歩いてて、おじさんは今もどっかで土砂崩れに関する研究(そんな研究ある?)を発表してて、コクトモは今も橋本奈々未さんを思っている。

スーサイド・スクワッドをはやく観たい。
広告を非表示にする