読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立つ鳥跡の濁し方アーティスティック

ジョン・ライドンとか町田さんとかヒロトはまず自分に対してパンクだな、何よりも先にまず自分を破壊しているからああいうユートピアを創造できるんじゃないのだろうか」と十四の夏に考えとけよ、な事を二十三の夏にぼーっと思って、ほぼ二徹して友達と明大前でお酒を飲んだ。自分に対する破壊行動が「四十八時間寝ない」という時点でもう間違っているし、実際はただ寝つけなかっただけだし、結局ウーロン茶ばっか飲んでたし、相変わらず反吐です。



他人が本心言う瞬間って脳が瞬時に理解するというか、「あ、この人今から本当に思ってること言うな」とか「自分にとって核心突いてること言ってくるな」とか、割とすぐわかる。多分デフォルトで人間はそもそも洞察力が高めに設定されている。
ファミレスであんみつ食ってたら、「中学の時の話なんだけど……」て話の切り出し方をされて、その言い方とか視線で「あ。来る。」と思った。
露骨に、便器に顔突っ込まされるみたいなイジメを受けてた女の子が同じクラスにいて、イジメる側には主犯格のギャルがいて、その主犯格のギャルと付き合って、イジメやめさせて、でもイジメ受けてた女の子が不登校になっちゃったから謝りに行かせたらイジメられてた女の子学校来るようになって、その瞬間そのギャル振った。っていう話をファミレス特有の尖りまくった機械的な甘さのあんみつ食いながら聞いていた。セミが爆音で鳴いていた。
その話を聞いて僕は凄い嬉しかったというか、こういう話をしたあとに「え、だから何?」みたいな事言う人いたら凄い嫌だなと思った。
「凄いですね……」て言った。なんか本当に凄いと思ったから。結局ペラいリアクションになってしまったけど、嘘くさくなってなかったらいいな、という祈りを込めて。なんか本当に凄いと思ったから。「え、だから何?」って聞いてくる人たちの方がなんにも知らないよな、と思った。人生の機微を言語化する事を諦めてるくせに結果を求めないでほしい。オチのない話したっていいじゃん。多分もうつまんないよそういうの。



寝つきが悪い。真っ暗の部屋で瞳をとじて君を描くよそれだけでいいたとえ季節が僕の心を置き去りにしても全然眠れない。ああ、平井堅はこの事を言ってたんだな、と感心した。
今はもう五時だけど、いつ寝るんだろう。
ノラ・ジョーンズの新しいアルバムが楽しみだけど、また武道館でライブをやってほしかった。前のアルバムから四年待ったから、次日本でライブやるとしたら早くてもまた四年後ぐらいでしょう、そしたら八年待つことになる。その時には二十七歳だから死んでいるかもしれない。
f:id:firedancesippai1993:20160813050933j:image